ローズデンタルクリニック・ベビーサロン

歯を守る治療

当院は歯を守る治療、予防歯科に力を入れています

歯は削ってしまったら一生元には戻りません。
当院は歯を守る治療、予防歯科に力を入れています。一人一人に合った歯周病治療、歯のクリーニングやメンテナンスを提供します。また歯磨きなどのケア方法を指導しています。
そしてレーザー虫歯診断機(ドイツKAVO社製のダイアグノデント)を使い、虫歯の管理を行っています。この機械を用いることで、単に着色しているだけの歯を削る危険性がなく、虫歯かどうかの判断が難しい歯に対してもレントゲンをとることなく診断することができます。結果として不必要な放射線の被曝や、健康な歯を誤って削る危険性を抑えることができます。定期的に通っているお子さまは、この機械を使って歯の健康状態を随時チェックさせていただいています。

お子さまの治療イメージ

必要以上に削らない診療

歯の体力、寿命を削がないよう、必要以上に健康な部分を削らないよう丁寧な診療を行っています。
また、削った部分に詰めたり被せたりする材料や接着剤は、虫歯の再発を防いでくれるもので、その時々で最適だと思うものを選び採用しています。

ダイアグノデント

できるだけ神経を残す治療

一般的に虫歯が大きくて神経を残せそうにない歯に対しても新しい材料を使い神経の保存に努めています。

不幸にも神経をとらなくてはいけなくなった場合や、以前に神経の治療を行った歯の再治療が必要な場合は、マイクロスコープ(歯科用手術用顕微鏡)、歯科用CT等最新の設備を使い、従来健康保険治療で一般的な水平加圧法という方法ではなく、アメリカの専門医の多くが取り入れているContinuous wave 法(CW法)という方法で治療を行っています。

また隔壁、ラバーダムを確実に行うことで、治療中の神経が唾液中の細菌で感染しないように、またEDTAと次亜塩素酸を用いて洗浄も行っており、治療の細かい部分にまでこだわっています。
なお当院では一部の例外を除いて神経の治療も健康保険で行っております。

CW法で最終の薬を詰める際に使う Super Endo α(上段)と
Super Endo β(下段)

治療例

CW法での根充
(神経管に最終のゴムの薬を詰める治療)

従来の方法では側枝という、神経管の細い枝にまで薬を詰めることが困難でしたが、CW法では側枝までしっかりと薬を詰めることが可能となっております。しっかり薬を詰めることで細菌が繁殖するスペースをなくすことができ、将来的なトラブル再発の可能性を減らすことができます。

意図的再植

神経の治療を行っても症状が改善しない場合には、当院非常勤の口腔外科医と協力して一度歯を抜いて、お口の外でその歯のトラブルを解決して再度その歯が生えていた場所に戻す方法です。
歯根端切除という特殊な手術も頻回に行っております。

一般的な健康保険の治療の耐用年数は平均5年と言うデータがありますが当院では10年、20年後に自分たちが治療を行った歯が再度トラブルを起こさないようにするにはどうすればいいか日々考えながら治療を行なっています。

歯科・助産院・託児所がひとつになったクリニック

ローズデンタルクリニック・ベビーサロン
託児所ローズガーデン

〒754-0013 山口県山口市小郡緑町5-14
[歯 科] 083-976-4182 (よい歯に)/ [助産院] 083-976-4183
FAX:083-976-4184 駐車場完備

このページの先頭へ